トップページ > トピックス ブログ > 苫小牧市科学センター・ミール展示館

トピックス ブログ-街の情報- 2010年6月21日(月)

ジェロントコミュニティ.com オフィスジェロントプレセンス


苫小牧市科学センター
航空コーナー
体験コーナー

宇宙コーナー

ミール展示館 
ミール内部のトレーニング室


 苫小牧市科学センター・ミール展示館(TOMAKOMAI SCIENCE MUSEUM)

苫小牧市旭町3丁目1番12号に「苫小牧市科学センター(TOMAKOMAI SCIENCEMUSEUM)」(電話0144-33-9158 入館料無料)があります。

青少年の科学する心と郷土文化への興味関心を育むために開設された館内には「宇宙ってなんだろう?」をテーマに様々な展示があります。

航空原理を・航空の歩みを実物のグライダーやエンジンなどで分かりやすく、そして楽しく大空へと関心を導く「航空コーナー」や子供たちが「みる・ふれる・まなぶ」ことで想像力を高める参加型「体験コーナー」は小さな科学館そのものです。

レトロ感たっぷりの「航空コーナー」や「体験コーナー」に加え2階には、宇宙開発の歩みを解りやすく描いたパネルを多用した「宇宙コーナー」があります。

「宇宙コーナー」では2台のコンピューターで宇宙に関する様々な情報を入手したり、ロケットの姿勢制御の原理が体感できる「電動ジャイロ」が人気です。

館内には平日1日2回、土・日3回の投影時間の本格的なプラネタリウムも設置されており、これが無料の施設とは思えない本当に充実した内容です。

併設された「ミール展示館」にはロシアの宇宙ステーション「ミール」本体とクバントが圧倒的な迫力で展示されています。

「ミール」とはロシア語で「平和」の意味で、実際に宇宙に飛んだステーションと同型で予備機だったものを苫小牧市内の企業が購入後、市制50年を記念し苫小牧市に寄贈され設置されました。

内部には操縦席、トイレ、プライベートルーム、トレーニングルーム、宇宙食などが展示されており、宇宙生活に必要なものを見学できます。

  ■宇宙ステーションミール 

       トップページビジネスメニュートピックス ブログお問合わせサイトマップ